「早起きする人ほど成功する」のは、なぜなのか?

お金持ち=すべてにおいて「早い」

 お金持ちは何をするにも「早い」が基本である。その典型的な例が朝である。お金持ちの中には早起きの人がじつに多い。

 フリーランスの人やクリエイティブな仕事をしている人は、会社勤めをしている人と違い、時間に縛られているわけではないので、昼から仕事をしようが夜から仕事をしようが自由だ。しかし、お金持ちはたいてい4時か5時という早い時間に起きて、1日をスタートさせる。

 私の友達は一流ホテルで仕事をしていて、その友達にルームサービスの注文がよく入る時間帯を聞いたことがある。よく注文が入るのは、やはり朝食と夕食の時間帯が多いそうだ。しかし、意外にも早朝4~5時の注文もかなり多いらしい。お金持ちが宿泊する一流ホテルほど、朝からの様々なサービスが充実しており、お金持ちの早起きに対応しているのだ。

なぜ、お金持ちほど早起きをするのか?

 結論から言ってしまえば、お金持ちほど時間の大切さを知っているからだ。早起きをすれば、それだけ自分に使える時間が増える。

 成功者と言われている人達の習慣には、この「早起き」が必ずと言っていいほど入ってくる。それはなぜか、早起きは自身のセルフコントロールにもつながるからだ。朝起きるのが苦手な人は、スマホのアラームが鳴ってからも「あと10分だけ」といって、なかなか布団から起きようとはしない。このような人は自身のセルフコントロールが苦手なため、あらゆる誘惑に負けてしまい、様々な場面で気持ちの切り替えが遅くなってしまう。セルフコントロールができなければ、決断が遅くなり、行動も鈍くなってしまう。お金持ちにとってこの「決断」と「行動」はとても大切なので、これらが鈍くなってしまわないように、セルフコントロールを鍛えられる「早起き」を日課にしているのである。

 限られた時間を最大限有効に使うためにや、自身のセルフコントロール向上のためにも、早起きを習慣にすることはじつにメリットが大きいのだ。お金持ちに一歩近づきたいと思っている人がいるとすれば、まずは早朝5時にアラームをかけて眠気の誘惑に打ち勝つことからはじめてみてはどうだろうか。

タイトルとURLをコピーしました