話すチカラ/齋藤孝・安住紳一郎

f:id:monomonopoint:20200313221020p:plain

齋藤孝先生と安住紳一郎TBSアナウンサーは、明治大学時代の先生と教え子という師弟関係。いまや日本屈指の話し手となったふたりが、「話すチカラ」について縦横無尽に語り尽くす。安住アナが後輩の現役明大生たちを前に白熱講義した内容も紹介

15秒以内で短く話す

 人の集中力は、いったいどのくらい続くと思いますか?

実は、たった「15秒」程度で集中力は切れてしまうのです。ずいぶん短いですよね。

 人が15秒しか集中できないのを踏まえて仕事をしている人たちがいます。それは、「CMプランナー」と呼ばれる人たちです。

 CMの多くは15秒でつくられています。短く感じますが、人の理性に照らし合わせると十分な長さといえます。

 集中力が切れた人に向かって「この商品、いいですよ」などといくら繰り返しても効果がありません。ですから、視聴者が集中できる時間内に「いいですよ」と簡潔に伝える工夫をしているわけです。

 人の集中力は15秒も持たない。このルールから、15秒をすぎて同じ話を続けてはいけないことがわかります。

 私が放送で30秒の時間を与えられたときには、15秒が2セットあると考えて話題を展開します。

 たとえば、TBS系列で毎年夏に生放送する『音楽の日』という番組を告知するとき。30秒にわたってダラダラと「日の土曜日、TBSでは『音楽の日』をお送りします。7時間ほどの生放送です。ぜひご覧ください……」などと続けると、確実にダレてしまいます。

 そこで、前半15秒で「このところ、関東地方では雨が続いていますが」といった天気の話をしてから、後半の15秒で『音楽の日』の告知をする、という具合に構成します。

 45秒であれば、「序破急」の3分割。60秒であれば、「起承転結」の4分割。いずれも15秒単位で話を組み立てるのが理想です。

 さて、そうやって話にメリハリをつけても、どうしても時間を持て余すことはあります。

 その場合は、話の前か後に「無意味な余白」をつくるというテクニックもあります。たとえば、ものをゆっくりととり出すのに3秒を使い、残った数秒でとり出したものについいて説明する、という具合です。

「言葉に頼りすぎない」というのも大事なポイントです。

 私から見ると、みんな日本語に頼りすぎています。でも、人類の歴史を考えれば、私たちが言葉を獲得したのはつい最近のこと。言葉を使わずに生きていた時代のほうがはるかに長いのです。

 あえて言葉を口にしなくても、人は3秒もあれば確実に伝えたいニュアンスを伝えられます。

たとえば、お風呂に浸かって感想をコメントするとしましょう。

 「いやー、適温のいい湯加減だ。気持ちいいお湯ですね。本当に1日の疲れがとれますね」

 日本語で伝えようとするとこんな感じですが、私たちは同じニュアンスを、日本語を使わず1秒で伝える術を持っているはずです。

 そう、「ゔぁ~~」という、唸り声ですね。ほとんど意味をなさない言葉ですが、感情はよく伝わります。コトバに頼りすぎず、こういうあまり意味のない言葉や表情でニュアンスを伝えるのも1つの方法なのです。

本当に人は15秒しか集中できないと強く感じたことがありました。それは、高校のAO入試面接のときです。僕が通っていた高校では1対1の個人面接ではなく、複数人の面接官に対して5人の受験者が同時に面接を行う方式でした。1人ずつ順番に志望動機を面接官に向かって話していくなか、ある1人の受験者が他の受験者よりも長く志望動機を話しているときに、ふと面接官の表情を見てみると、最初の15秒程度は面接官全員が志望動機を話している受験者の顔を見ていましたが、15秒をすぎたあたりからは、その受験者が志望動機を喋り終わるまで、全員が評価を書き込む用紙を見ていたのです。つまり、最初の15秒は面接官も話を聞くことに集中しますが、その後の話の内容は聞いていなかったのです。このとき、相手に伝えたいことがあるときは、簡潔に要点をまとめてより短い時間で伝える必要があると知りました。

余計な言葉を入れないことを強く意識する

 人は話し中で言葉を選び切れないとき、「えー」「あのー」などの場つなぎの言葉を入れがちです。

 北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんのお父さん・横田滋さんが記者会見をされたとき、ほとんど「えー」としか発言しなかったことがありました。それは、横田めぐみさんの消息が不明であるという状況を受けて行われた会見でした。

 横田滋さんからは、ほとんど具体的な言葉はなかったものの、そこにいる記者たちの全員が納得していました。

「えー」としか口にできない心痛を理解できたからです。

 

このように、心情を雄弁に伝える「えー」「あのー」はあります。

ただし、それはあくまでも例外です。

 一般的に「えー」「あのー」「まあ」などを連発していると、「イエス・ノーの結論が出せない」「思考がまとまっていない」と受けとられます。要するに「相手になめられてしまう」のです。

 「えー」「あのー」と言ってしまうクセを直すには、言わないように強く意識するしかありません。

 これらは無意識に出るフレーズなので、本当は他人に指摘してもらうのが確実なのですが、現実的ではありません。地道な「セルフ矯正」が唯一の道なのです。

 放送局のアナウンサーでも、「えー」「あのー」のフレーズをしっかり抜くには、3年はかかります。

 「えー」「あのー」を入れないことを強く意識すると同時に、話たい内容を明確に持つクセをつけることも重要です。

自分の話たい内容がハッキリしている人は、会話に「えー」「あのー」などの無意味な音を挟まない印象があります。僕の知り合いに「なんかぁー」という言葉が口癖になっている人がいます。最初はあまり気にしてはいなかったのですが、会話のはじめに必ずといっていいほどこの口癖が入るので、真面目な会話をしていてもこの人の発言は、あまり信用ができないと思ってしまうようになりました。単なる口癖にすぎないのかもしれませんが、余計な言葉を入れてしまうだけで、相手に与える印象を悪くしてしまう可能性もあるということです。

 

人とのコミュニケーションが苦手、話すことは苦ではないけど自分の伝えたい内容が相手にうまく伝えられない。このような悩みを持っている人に、話のプロである安住紳一郎アナウンサーと齋藤孝先生が話すチカラを教えてくれる書籍。

 

タイトルとURLをコピーしました