なぜ、あなたの仕事は終わらないのか/中島聡

f:id:monomonopoint:20200316205211p:plain

世界を変えたのは「締め切りを守る男」だった。世界を一変させたWindows95の設計思想を生み出した伝説の日本人が教える人生を制するスピード仕事術。

最初に頑張るアメリカ人、最後に頑張る日本人

 数学の問題にしても仕事にしても、いつも最後にラストスパートをかけて終わらせようとするのが日本人です。先ほどAくんの話のなかで言ったように、ラストスパート志向は絶対にやってはならないことです。しかし日本の社会人は、みな夜遅くまで働いています。一方、朝早くから働くのがアメリカの社会人です。ここに仕事のやり方について考えるヒントが隠されています。

 「日本は就業時間が長いわりに経済発展していないので、生産効率が悪い」という話を聞いたことはないでしょうか。努力家で頑張っているわりに成果が出せていないと。経済成長率には個々人の頑張りのほかにマクロの経済政策の影響が色濃く出るので一概には言えません。ただ、仕事の効率の話でいうと、たしかに日本の仕事の仕方とアメリカの仕事の仕方はかなり違います。

 とはいえ、仕事の仕方が違うだけで、アメリカ人も結構働いています。外国人は仕事をせずに遊んでいるわけではありません。

 彼らが私たちと決定的に違っているのは、朝が早いという点です。彼らは朝の7時に会社に来て、夕方の5時や6時に帰るという仕事のスタイルを持っています。10時間くらい働いているということです。

 たとえば私が住んでいたシアトルでは、スターバックスが朝6時から開店しています。スポーツジムも朝5時から開いています。なぜこんなに早いかというと、お客さんは夜よりも朝に来ることが多いからです。日本では退社後にランニングする人もいますが、アメリカでは朝から運動する人が圧倒的に多いです。私もシアトルにいるときは、毎週月曜日は朝6時からテニスをして汗を流してから仕事を始めます。

 日本では夜遅くまで会社に残ることが美徳とされています。なぜなら、みんなの視線がある中で仕事を頑張っていれば高く評価されるからです。

 でもよく考えてみてください。夜遅くまで残っている人は朝何時から働いていますか? 朝早く会社に来て夕方に帰るアメリカ人よりも働いていますか? もしかしたら時間でいえば同じくらいではないでしょうか。

 労働時間が同じならともかく、周囲のまなざしがあるからという理由だけで遅くまで残っていても生産性は上がりません。

 日本では朝7時から働いて夕方6時に帰ろうとしても、周囲のまなざしに射抜かれて、強制的に夜遅くまで働くことになります。そんな環境ではむしろ生産性は下がってしまいます。これが日本の良くないところです。

 一方、アメリカにはそのような空気はありません。朝から来て仕事を終えれば、夕方には帰れます。

仕事を早く終わらせて、家族と食事を楽しんだり、自分の趣味に時間を使ったりできるアメリカ人と、なかなか終わらない仕事に四苦八苦し、やっと家に帰ってこれたと思えば、夕食を食べて寝るぐらいの時間しか残されていない日本人。

 

これだけの差が生まれる原因は、やはり仕事を始める時間帯が根本的に違うからだ。

 

朝のゴールデンタイムをうまく活用できているアメリカ人は、頭の回転が早い午前中にある程度めんどくさい仕事を終わらせてしまうため、午後からは時間のかかる仕事をする必要がなく、家族との夕食までには余裕を持って帰宅することができるのだろう。

 

それに対して日本人は、出社時間がアメリカ人と比べると2〜3時間ほど遅いため、朝のゴールデンタイムが短くなってしまう。すると、午前中に終わらなかった面倒な仕事を午後からの仕事にプラスしてやることになる。結果、帰宅時間時間が遅くなってしまうのだ。

 

疲れきった表情で電車に乗っているサラリーマンやOLを見ると、アメリカ人のような時間の使い方ができれば、もっと充実した日々になるのではないかと思ってしまう。

スマホアプリがアップデートを繰り返す理由

「仕事のスピードを追求したら質が落ちてしまう。それじゃダメだ」そう思われている方もいると思います。たしかに速さを求めると質は落ちます。大抵の仕事がそうであるように、スピードと質はトレードオフ(片方を取るともう一方は取れない)です。質の悪いものを出さないようにじっくり時間をかけて、ときには徹夜で頑張る人もいるでしょう。

 けれども質を追求した結果、締め切りに間に合わないような仕事の仕方をしていては本末転倒です。締め切りに間に合うことが明らかな状況であれば、質を高めるために時間を使うのは間違っていません。問題なのは、まだ仕事が終わる見通しが立ってもいないのに、質を高めるためにあれこれ工夫を凝らそうとすることです。

 みなさんが普段使っているスマートフォンのアプリを例に挙げて考えてみましょう。

 アプリは一度配信が開始されても、その後幾度もアップデートを繰り返します。新しいアップデートの通知が何件もたまっていく光景を誰でも一度は見たことがあるはずです。

 あのアップデートはなぜ何回も繰り返し行われているのでしょうか?

 答えは、配信が開始された段階では100%の出来ではなかったからです。

 「未完成品を売っているのか!」

 そう思われたでしょうか?しかし想像してみてください。最初から100%の出来のものを作るなんて、可能でしょうか?大抵の仕事は、終わったときは満足していたとしても、時間が経つと修正したくなるものではないでしょうか?

 あなたの仕事だってそういうことがあったはずです。あのミーティングの日、話が終わった直後はなかなかいい仕事をしたと思った。でも翌日、ミーティングの内容を報告書にまとめている最中に「あれ、これで大丈夫かな……」と不安になってしまうのです。ほかにもあのプレゼンの前日、リハーサルが終わったときには「これでいける!」と思ったことでしょう。けれどもプレゼン当日、たくさんの人の前で発表している最中にどんどん不安になっていきます。

 仕事とはそういうものです。どんなに頑張って100%のものを作っても、振り返ればそれは100%ではなく90%や80%のものに見えてしまうのです。言い換えれば、100%のものは、そんなに簡単に作れるものではないのです。

 だから世の中のアプリ開発者は、配信後も長い時間をかけてアップデートを繰り返し、少しでもいいものを提供できるように努力しているのです。

 つまり最初から100%の仕事をしようとしても、ほぼ間違いなく徒労に終わるわけです。なぜなら後から再チェックすると、直すべき箇所が次々に見つかっていくからです。

 もちろん、仕事のクオリティを上げるために時間を費やすのは間違ったことではありません。適当な仕事を繰り返していては上司からの評価も下がります。

 しかし時間を費やすあまり締め切りギリギリになったり、あるいは締め切りを破ってしまったりしては上司からの評価はもっと下がります。

 クオリティが低くて怒られることよりも、締め切りを守れずに「時間を守れない人だ」という評価をされることを恐れてください。

大学で僕が所属していたゼミでは、月のはじめにレポート内容が発表され、月の終わりに完成したレポートを提出するという課題があった。

 

提出期限は毎回決められていたが、極端な話、課題が発表された翌日にレポートを提出してもよかった。しかし、1ヶ月も期限があるので、ゼミ生がレポートを提出するのは決まって提出期限の2日前か期限当日だった。

 

提出日が近づいてくると、慌ててレポートの作成を行うわけだが、質の悪いレポートでは評価されないため、ゼミ生は完璧なレポートを毎回必死で作成していた。

 

レポートは5段階で評価されるが、みんなどれだけ完璧なレポートを作ったとしても、評価5をつけてもらえることはほとんどなかった。

 

しかし、唯一アメリカ人留学生だけは評価5を何度も獲得していた。なぜ、毎回高評価を獲得できるかアメリカ人留学生に聞くと、レポートは課題が発表された当日に5割ほど完成させて、翌日には教授に提出していると言われたのだ。5割しか完成していないレポートを提出することで、残りの足りていない5割を指摘してもらい、提出期限までに指摘された箇所を補足して、完璧なレポートを作成していたのだ。

 

この話を聞いた時は本当にびっくりした。

 

一発勝負で完璧に近いレポートを提出する日本人と、5~6割程度のレポートを一回提出し、修正箇所の指摘を受けたうえで、より完璧なレポートを再提出するアメリカ人との差を感じた。

 

このような根本的な考え方の違いが、同じぐらいの就業時間であったとしても、アメリカ人は時間に余裕を持ち、日本人は時間に追われるという結果を生んでしまうのだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました